STILL BY HAND / スティルバイハンド

スティルバイハンド画像

STILL BY HAND

ブランド名は直訳すると「いまだに手で」という意味
。 それは洋服というものがいくつもの人間の手によってうまれてくるという意味が込められています。
さりげないデザインなのに、着てみると細かい工夫や小さな仕掛けにうならされる。
遊び心とこだわりを感じられるブランド。


清水オススメ

ブランド設立よりお取扱いさせていただいておりますSTILL BY HAND(スティルバイハンド)。
La Barbaメンバーも全員大好き、ファンの方も多く、毎回の新入荷を心待ちにしているかたは私達だけではないのではないでしょうか。


スティルバイハンド画像


「STILL BY HAND(スティルバイハンド)というブランドを一言で表現すると?!」

以前、デザイナーの柳さんにお聞きしたところ、
「手を抜くことがない、まじめなブランド」
とお答えいただきました。

正におっしゃる通りのブランドだと思いました。
それはあらゆる面で垣間見えます。


例えば、STILL BY HANDの洋服は展示会で見た時よりも店頭に入荷してきたものの方が仕上がりが良くなっているのです。
それは最後の最後の最後まで、妥協することなく納得のいくまでサイズや細かいデザインの修正を加え完成させているからです。
一度作って、はいおしまい!ではないのです。

また、昨シーズン展開していて好評だったモデルを素材を変えて登場ということがあります。
この時前回の型そのまま使用すればコストも労力もかからないのですが、柳さんはそんな事はしません。
素材が変われば、見た目も着心地も変わる。
この微細な変化に合わせて納得のいくまで、また修正を加えるのです。


決して派手なデザインをするブランドではないので、パッと見強烈なインパクトを与えることはありません。 しかし、上記に書いた拘りを詰め込んでいるので、一度STILLの洋服を手にした方は、

「あれ!なんか着心地がいいなぁ」「あれ!なんかシルエットが綺麗だなぁ」

「あれ!今シーズン気づいたらついつい着ちゃっていたなぁ」

「あれ!なんか持っている服と相性がいいなぁ」

などなど、後追いのごとくその良さがじわじわと押し寄せてくるのです。


そして気づいたら、
「あれ!よく見たらワードローブにSTILLの服がいっぱいあるなぁ」
となってしまい気づかぬうちにファンになってしまうんです。


スティルバイハンド画像


また、STILLの魅力を語るには"色"というのも外せないキーワードであります。
細かい拘りの中で、微妙な色合いのフェード感、ステッチの色番、色と色の組み合わせ、デザイナーの柳さんのフィルターを通ることによりメンズファッションでは珍しい色を目にすることが多々あります。
この色合いのニュアンスが好きだ!と感じた方は他に無いからこそ魅了されてしまうのも一つのポイントになるんです。


おすすめ順  |  価格順  |  新着順
72商品中 25-48商品

FEATURE