INTERVIEW
ラバルバスタッフ 島田龍太

プロフィール

2015年長野県内の服飾専門学校を卒業し、新卒でラバルバ入社。
現在は販売だけにとどまらず、商品の仕入れ、売り場づくり、オリジナル商品の企画まで幅広い仕事に関わる。

入社のきっかけは?

元々洋服が好きだった僕は、将来アパレルで働こうと決め、学生の頃から地元のアウトレットのアパレルでアルバイトをしていました。そこで感じたのは、「自分じゃなくてもいいじゃん」ということ。何もしなくてもお店にお客様が来て、接客しなくても服が売れて、気づいたら1日のほとんどを“レジ打ちと商品整理”だけで終えていました。まるでコンビニの店員さんが、お客様の持ってきた商品をレジで処理するような感覚でした。
「東京なら何か変わるのでは?」そう思い東京で就職活動をスタートさせたのですが、人の多い東京では長野よりも”コンビニ店員”にならざるを得ない状況だと感じました。「自分にしかできない仕事を、アパレルという自分の好きな職種でやり遂げたい。そして成功したい!」 そんな僕の考えと、現状とのギャップに悩みながら就職活動をしていく中で、長野市のショップ「ラバルバ」の代表と出会い、代表の人柄と目指している会社像に強く共感し、入社を決めました。

この仕事をしていてうれしいことは?

お客様が喜ぶ事であれば年齢や職歴に関係なく意見を採用してもらえる会社です。そういうことが入社1年目からできるのはラバルバの良いところ。自分の意見が結果に繋がるのはすごく嬉しいです。
現場を任せてもらえるようになると「お客様の声を一番理解している店頭スタッフが、仕入れてきた方がよりよい商品をお届けできる」と、年齢に関係なく展示会にも同行させていただき、デザイナーの方から直接想いを聞き、お客様へ伝える事もできます。
さらに、2年目には自社オリジナル商品の企画にも参加させてもらえました。絶対にアウトレットや大手セレクトショップでは経験できない事も、本当に望めば経験でき、若くても活躍できる可能性が沢山ある会社です。やればやるほど、新しい役割を与えてもらえます。そして評価していただける嬉しさを感じることもできるし、自分の存在がお客様の幸せを創り出していることが実感できます。常にこの環境を自分の成長のために活かしたいと思いながら働いているとワクワクが止まりません。

あなたにとってハタラクとは?

ハタラクの意味を、時間通りに来て定時に帰る、その時間分のお金がもらえる。と捉えている方は多いのではないでしょうか?私自身、ラバルバに入るまではこのような考え方をしていました。しかし、お客様のために、会社のために、自分のためにもっと成長しよう!と日々学んでいく中で、お客様から求められるもの、会社から求められるもの以上の仕事しようと一生懸命になりました。
またハタラクとは、様々なお店での課題や、接客に悩んだりしながら、それでも「洋服が好きだ!この仕事は自分にしかできないんだ」と立ち返り、悩みや課題を乗り越えていく、それによって自分が成長し、自分の魅力を高めていく事。そして沢山の方に必要としてもらえる自分になることだと思っています。
まだまだ成長が必要ですが、自分がこれからどれだけ成長できるのか、熱い想いを持ったラバルバのメンバーとこの会社をどこまで大きくできるのか、昔からのお客様や、関わってくれた人全員に自慢できるような会社になるのがすごく楽しみです。これからラバルバに入社する方には、自分の成長が会社の成長なんだ!という気持ちで、積極的に取り組んでいって欲しいです。

INTERVIEW
スタッフインタビュー