INTERVIEW
アマレーナ 小出麗

プロフィール

5年間の販売業を経験後、ブライダル業へ転身。
Amarenaの立ち上げにも大きく貢献し、バイイング、商品管理を全て担う。現在はトップコーディネーターとして沢山のお客様を担当する。

あなたの仕事の本質は?

「私たちが幸せにします」という言葉に、常に真っ正面から向き合うことのできる仕事をするということです。ご来店下さる幸せなお2人を私と出会うことで、もっともっと幸せにして差し上げたい。この想いの強さには自信があります。この想いが「接客サービスのプロフェッショナルとしてどうあるべきか?」と自分に問い続けながら、お2人の素直な声に耳を傾け、心と心の縁が生まれるようなお衣裳のご案内は私の使命です。
その他、自分がご提案する作品(衣裳)を自ら選ぶバイヤーとしての仕事や、商品メンテナンスを一貫して担う事で、2店舗でお客様をお迎えできるよう取り組んでいます。
また、私たちのお店の想いを理解し、お2人をもっともっと幸せにしたいと一緒になって創り上げて下さるパートナー様を探すのも大事な任務。様々な仕事の中で、人と人とが繋がって幸せの輪が広がっていく、そんな輪の中に私もいたい。こんな素敵な仕事ってそうそうないと思っています。

いままでで一番感動したエピソードは?

初めてお会いした日にお2人の結婚式のお衣裳に対する想いやこだわりを全て伺った時、「全て叶える」そう誓った私。一生に一度の一日を最高の笑顔で迎えていただきたいという強い気持ちと、お2人がお任せくださる信頼が重なって、まるで家族のような関係を築かせて下さいました。
そのお2人からどうしても当日側にいて欲しい、近くで見守って欲しいとのお言葉を頂戴し、披露宴終了間際、私をサプライズで披露宴会場へ迎えて下さったのです。ご両親へのお手紙を読む前の大切な時間に、どうしても感謝の気持ちを伝え、ゲストの皆様に紹介したかったと、お手紙を読んで下さった時、もう感動の涙で溢れ、叶えて差し上げたいと励んできた想いが届くとこんな感情を抱くことができるのかと思いました。
そのお2人が「本当に楽しくて幸せな一日が夢だったら、またアマレーナにドレスを見に行きたい」とおっしゃって下さったお言葉は、私の中に刻まれ続けています。

あなたにとってハタラクとは?

私は家族の笑顔が大好きで、いつもこの笑顔に囲まれていたいと思っています。その為にも自分が笑顔でイキイキと毎日を過ごすにはどうすべきか?といつも考えています。
結婚式でのお衣裳選びがきっかけで出会ったお2人とのご縁が今も変わらずに続いていること、そんな素晴らしい出会いはこの仕事とお店があるからこそ。だから会社に感謝しているし、働く意味をしっかり感じることができる。お客様に笑顔をいただいて、家に帰ってもニコニコ過ごす。何気ない日々にもありがとうと思えるのは、この笑顔のサイクルがすごくいい状況で私の周りを巡ってくれているからだと思います。だからハタラクことが大好きだし、大切な人を大切にするためにも、私にとってはなくてはならない一部になってしまっていますね(笑)
姉に「パートナーとして一緒に励んで欲しい」と頼まれ、決めたこの道がまさかこんなふうに開かれるなんて・・・よかったです。

INTERVIEW
スタッフインタビュー